10/10/2015

プロフィール

幼少の頃からクラシックピアノを始めるが、学生のころビル・エバンスやキース・ジャレットの演奏を聴き、ジャズピアニストを志す。

その後、ほんの遊びで始めたアコーディオンだが、ヨーロッパの演奏家の本格的な演奏を聴き、この楽器に未知の可能性を感じ追求し始める。

様々な楽器を駆使してオリジナル曲を多数発表し、全米最大の音楽祭、South by SouthWest に2010年、2011年と2年連続出演、通常行われないアンコール演奏の終了後もスタンディングオベーションが鳴り止まず、日本のみならず海外でもその音楽性は高く評価されている。

profile

2015年から、「アコーディナ」という楽器を使ってコンピュータと生楽器を融合させた創作活動を開始する。

「アコーディナ」はフランスの楽器。パリにいる楽器職人3人のみが、各自それぞれの手法によって製作している珍しい楽器である。人間味のある暖かい音は人が本来持っている美しさと調和思い起こさせ、ときに情熱的でもあり、ときに哀愁をも感じさせるのである。

IMG 0010 JPG

アーティスト名もアコーディオン奏者の「カミデタカシ」から「Papy Rus(パピルス)」と変更する。パピルスとは紙の起源でもあり、携帯が可能な最古の情報伝達手段でもある。

コンピュータでインターネットに音楽を発信する、それは現代のツールを使ってほんとうに伝えたいこと伝える手段でもある。「パピルス」も当時は画期的な発明で、最先端の技術であったに違いない。時代を経てかたちは変わっても、大切なことを伝えたい気持ちは同じであるはず。

遠い昔に丁寧に言葉を綴って伝えていたように、現代のツールを使って音楽を紡いでいきたいという思いから「Papy Rus(パピルス)」の名で活動を開始する。

 

 

—————————————— 

「今日のかわり映えしない、同じようなものが作られつづけている音楽シーンの中でも、彼の音楽には唯一、独創性を感じさせられるのである。」
米 Vents 誌 Cody Blevins —


「彼の生命力を感じさせる演奏は 、我々の期待を決して裏切ることはない。」
—米ビルボード 誌  Cortney Harding—

Music festival

  • SXSW 2010 in Austin US (performed as previous name Takashi Kamide)
  • SXSW 2011 in Austin US (performed as previous name Takashi Kamide)
  • Canadian Music Week 2012(performed as previous name Takashi Kamide)

関連サイト

カミデタカシのブログ KAMIDE.NET

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です